確定申告の裏技、控除の常識に関する記事

確定申告の裏技、控除の常識と高収入副業の関係

確定申告の裏技、控除の常識

一獲千金求人情報、一獲千金のチャンス! 高額求人募集を更新しました 

高収入求人ナビ、地元で探そう、高収入

PR
お金を借りる
ブラックでも借りれる裏技公開中

確定申告の裏技、というより、当たり前と言えば当たり前のことですが
意外と知らずに損をしてる人もいます。

確定申告をして、返ってくるお金のことを「還付金」といいます。
返ってくるというだけあってお給料の中から源泉徴収という形で
所得税をあらかじめ払っていないと返ってきません。


一獲千金一獲千金を狙う人は必見 

サラリーマンなど会社勤めの方は給与明細を見たら
所得税が天引きされていることは明らかなのですが
バイトやパートの場合って不透明な部分も多いと思います。

例えば、フリーのライターで毎月10万円の原稿料を稼いでいたとすると
所得税として10%源泉徴収されるので、10万円の10%ということは
毎月1万円払っていたということ。

1年間で12万円支払ったという計算になります

また、源泉徴収の対象になってしまうのはお給料だけじゃないんです。
株の配当金、退職金、銀行などの利息収入、とにかく宝くじ以外の収入と言っても
過言ではないほど、ほとんどの収入から差し引かれているのです。

逆に、払っていないと、申告漏れと言うことになりかねないので注意です

ただし、毎月給料から引かれるようなものはあくまで仮払いなのです
「控除」と「経費」と言うものを使って、本当の所得を出すと結構戻ってくるのです。
確定申告でこれを清算しなければ、かなりの金額を損することとなります。

これには、控除の理解と個人事業主の場合は経費の理解が必要不可欠です。

会社に属さず、または会社ではあるが、申告は自分でするシステムのところで
仕事をしている場合は、収入の多い少ないに関わらず「個人事業主」となります。

控除の一覧はこちらで確認してください


一獲千金求人情報、一獲千金のチャンス! 高額求人募集を更新しました 

高収入求人ナビ、地元で探そう、高収入
  お金を借りる
ブラックでも借りれる裏技公開中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする