裏賭博、競馬のノミ屋に関する記事

裏賭博、競馬のノミ屋と高収入副業の関係

裏賭博、競馬のノミ屋

一獲千金求人情報、一獲千金のチャンス! 高額求人募集を更新しました 

高収入求人ナビ、地元で探そう、高収入

PR
お金を借りる
ブラックでも借りれる裏技公開中

競馬のノミ屋には、大別して二種類のノミ屋が現存します。

①呑み屋(=小規模・家内興行的=こそ泥集団)
【胴元は、お友達感覚の信用第一をモットーにしています。】
主に、土曜・祝祭日・日曜日も営業する商店主を相手に暗躍します。
1)JRAの100円券に対して、一口90円で引き受け、まるまるJRA発表の配当金が支払われます。(つまり、客にとっては、一割引で投票参加出来るのです。当日・手持ち現金がなくても良い。)計算方法は、こんな感じですが、普通は1000円以上からしか受けないでしょう。
2)いつでも・どこでも・電話一本で、口答申告で受発注します。(複雑なプッシュボタンの操作不要で簡単。)
3)賭金・配当金の差額は、平日に・現金集金・後精算は、店子(たなこ=賭け人)の家や店内で行われます。(集金・配金の闇会計は、すべて呑み屋がやってくれます。)
4)常連さんにはツケを許す特典付きです。(=今話題の大相撲界での野球トトカルチョ賭博と同じです。)
5)その道の好き者同士が集まるネオン街のバーや酒場呑み賭博が発祥とされます。
6)大穴配当発生の時は、一律配当金10万円までを上限、などノミ屋によって決まりがあります。


一獲千金一獲千金を狙う人は必見 

この手法は、職場同僚の間で愉しむ優勝校「甲子園球児を応援する会」や優勝力士「大相撲力士を声援する会」の素人賭博トトカルチョ的な感覚です。胴元にとっては、現金を集配するだけで、いずれ・客数が多くなればなるほど、JRA馬券控除率25%以上の収入になります。

②ノミ屋=蚤屋(大規模的・恐いおっちゃん集団経営)
1)ルールは、上述の呑み屋とほぼ同じです。

2)馬券一口金額は、80~95円で、相手(との交渉)により、変動します。
3)賭け金一口は、100万円単位です。
4)胴元は、前夜までに店子(たなこ=客)の家に、札束を詰めたアタッシュケースを預けて「夜逃げしません」と信用し合います。
5)お客さんは、主に「不良馬主さん」です。
6)★ご存知のように、馬主には、愛馬が8着までに入線すれば、JRAレース賞金が入ります。その賞金額を見越して、馬主は同レース他馬の単勝オッズ配当に賭ける・・のです。するとレースでの緊張感が湧き出る心理に【蚤の気持】が乗り移ります。

一見、安楽・安住の裏街道にも、予期せぬ辻斬り強盗が発生するのです。

③★【ノミ屋の呑み屋殺し】

1)派手に暗躍する「呑み屋」を懲(こ)らしめるため、ノミ屋が呑み屋に単勝・複勝一点の大口博打(ばくち)を持ちかけて、呑み屋を潰(つぶ)しにかけることです。(通常は、3人一組で人気オッズでの配当金操作が行われますが、一般カタギのファンを巻き込むことはありません。=泥棒の必殺蚤屋親分:石川五右衛門になります。)
2)主に、投票総数の少ない地方K馬のレースやK輪・K艇レースの単勝配当金額を対象に、集団組織的スマート知能を駆使して行われます。
3)大手ノミ屋同士の客引き殺し勝負は、JRAレースの前売り単勝配当率を基盤に、レース当日結果の最終オッズで行われます。
下っ端ノミ屋は、いざ配当金支払いの責務支援を求めるため、親元胴元に肩代わり逆呑み賭けを依頼する。(=呑み客に対する信用の表明が第一なのです。)
4)大金を持ち歩けないK馬場内の馬主席・特別指定席階のトイレ内で取引されます。JRAガードマンが入り口立哨警戒するトイレがメイン会場です。(但し、彼等はノミ行為実行の通報を受けただけで警戒し、実際に取締り手出しはしません・また、法律上、出来ません。)あくまでも、私服刑事・司法警察官の内偵担当の仕事です。(=残念ながら、天下の警察でも、個人的・個人の間の特約賭博幇助=ほうじょの範囲=範疇は、不特定多数を相手にする賭博開帳集団や組織賭博・脱税の実態・事実を解明しない限り・・現・日本国法律では取り締まることは難しい部分もあります。)

ノミ屋が捕まる時

これはまあ、たいがい負けがこんだ人が警察にチクるパターンですね
あとは、その奥さんなどがチクるパターン

そしてあとは、金銭トラブルから暴行、恐喝、脅迫などに発展し
別件逮捕から発覚パターンです。

いまでは、インターネットから簡単に馬券が買えるので
あまりノミ屋自体の需要はないのでオイシイ商売ではないでしょう。


一獲千金求人情報、一獲千金のチャンス! 高額求人募集を更新しました 

高収入求人ナビ、地元で探そう、高収入
  お金を借りる
ブラックでも借りれる裏技公開中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする